• ホーム
  • 赤ちゃんのインフルエンザ感染!対処法や注意点

赤ちゃんのインフルエンザ感染!対処法や注意点

秋の終わりごろから春の初めくらいまで流行をするインフルエンザには赤ちゃんも気をつけなくてはなりません。
まだ小さいから感染しないだろうという事はなく、赤ちゃんでも感染はしますので、小さな体を守る為にもインフルエンザ対策をしていきましょう。
家族が気をつけなくてはならないのは、自分達が感染する事によって、赤ちゃんに感染させてしまう事です。
家族に一人でも感染者がいれば家の中で広がる可能性がありますので注意しましょう。

万が一感染者が出た場合には、部屋を隔離するようにし赤ちゃんとの接触を避ける事です。
近くにいなくても同じ部屋で過ごす事によって、咳などをすればウィルスをまき散らす事になりますので危険です。
母親がインフルエンザに感染した場合は、赤ちゃんに感染する危険が高まりますので、出来るだけ他の家族にお世話を頼むようにし、早く回復させるようにしましょう。

普段から他の人がお世話をしていなければ、いざお世話をしてもらおうと思った時に怖がって泣いてしまう可能性があります。
赤ちゃんにストレスを与えない為には、普段から母親以外も積極的に育児に関わっておけば、いざという時に困る事もないでしょう。
赤ちゃんをインフルエンザから守る為には、出来るだけ流行時期には外出を避けるようにし、人込みにはいかないようにする事です。
大勢の人が集まる場所ではインフルエンザになる可能性が増えますので、出来るだけ行かないように心がけましょう。

どうしても外出しなくてはならない時には、人込みを避けて短時間ですませるようにし、早めに帰宅をする事が必要です。
感染を避ける為には、インフルエンザの予防接種を検討する人もいますが、赤ちゃんの場合は生後6カ月から受ける事が出来ます。
しかし赤ちゃんの場合はせっかく予防接種を受けても免疫がつきにくいですので、あまりすすめられてはいません。
その為予防接種をするよりも、外出を避けるなどの方法で感染を避けた方がいいでしょう。

赤ちゃんの風邪とインフルエンザの見分け方

インフルエンザ流行時期に赤ちゃんが体調を壊した時には、風邪なのかインフルエンザなのかを見分けなくてはなりません。
風邪とインフルエンザの見分け方は症状が違いますので、正しい判断が必要です。
赤ちゃんの場合は、自分で症状を伝える事が出来ない為、普段との違いを親がしっかりみておきましょう。

風邪の場合の症状の進行の仕方は、まずは咳や鼻水の症状から始まるようになり、やがて熱が出るようになります。
インフルエンザに関してはそれらの症状がまったくなかったのに、突然高熱が起きて急激に症状が悪くなるという特徴があります。
赤ちゃんの体調が悪い時の対処法は、まずは熱を測ってみる見分け方もあります。
38度以上の高熱が出ている場合にはインフルエンザの可能性がありますので、親にも感染しないようにマスクをつけるなどの対策が必要です。

万が一親にうつってしまうと、赤ちゃんの看病が出来なくなりますので、注意が必要です。
インフルエンザの疑いが出た時の対処法は、病院に連れて行き検査をしてもらう事です。
高熱が出ているのに何日も様子を見ているのは危険ですので病院に連れて行かなくてはなりません。
病院に行き検査によってインフルエンザとわかれば、家ではどんな対策が出来るでしょうか。

気をつけなくてはならないのは脱水症状を起こさないように気をつける事です。
高熱になればたくさんの汗で体内の水分が失われていきますので、水分補給をさせてあげなくてはなりません。
一気に飲むのは難しかったとしても、少しずつでもこまめに飲ませるようにして脱水にならないようにしましょう。
まだ話せない赤ちゃんの場合は、家では親が症状をよく見て対処していかなくてはなりませんので、目を離さないように気をつけましょう。