• ホーム
  • インフルエンザ治療薬の特徴などを比較

インフルエンザ治療薬の特徴などを比較

現在、日本国内で処方されているインフルエンザの治療薬は、タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの4種類です。
そして、この4種類のインフルエンザ治療薬にはそれぞれ作用の仕方はもちろんのこと薬の形状と服用方法、耐性などの面で違いがあります。
これからそれぞれの特徴を紹介しておきますので、自分自身に合ったインフルエンザ治療薬はどれなのかを比較しながら探してみてください。

タミフルは感染した細胞からインフルエンザウイルスが細胞の外に飛び出すのを阻害することでウイルスの増殖を抑えるタイプの薬です。
そのため症状が出始めてから48時間以内に服用するのが効果的です。
一般的にはカプセル剤ですが子供には散剤による経口投与され、1日2回で5日間の服用が必要です。

リレンザは吸入タイプの薬なので専用の吸入器を使って1日2回で5日間の吸入が必要となります。
また、タミフルと同じ作用の仕方でウイルスの増殖を抑えますが、症状を早く緩和するためにも、最初の1回はできるだけ早く吸入することが大切です。

イナビルはリレンザと同じく吸入タイプの薬であり、同じ作用の仕方でウイルスの増殖を抑えます。
ただ、リレンザとは違って1回の吸入だけで治療を終わらせることができます。
しかし、1回の治療だけで済ますことができるからこそ、より確実に吸引するためにも病院で適切な指導を受けながら吸引することをお勧めします。
また、イナビルはタミフル、リレンザ同様に子供にも使用することができます。

ラピアクタもタミフルと同じ作用の仕方でウイルスの増殖を抑える薬です。
また、症状が出てから48時間以内に服用したときに効果があるのも同じです。
ただ、ラピアクタは5種類の中で唯一の点滴薬となっており、年齢や症状によって多少減量されますが300mgを15分以上かけて一度だけ投与する形になります。

また、これら4種類のほかにも、ほとんどのインフルエンザウイルスが耐性を持っていて効果が薄いということで日本でもほとんど使用されなくなりましたが、シンメトレルというものもあります。
他の4種類と違って細胞にインフルエンザウイルスが吸着したり侵入するのを阻害して細胞へのウイルスの感染を抑える錠剤タイプの薬で、1日100mgを分割投与します。
ただ、他の4種類がA型・B型のインフルエンザに有効であるのに対してA型のみにしか有効ではありません。

一番コスパのいい薬は?価格比較

タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタ、シンメトレルといった5種類のインフルエンザ治療薬は、それぞれに作用の仕方、薬の形状と服用方法、耐性など特徴が異なる薬です。
それぞれの特徴を比較することで自分や家族にとってどれが最適な薬なのかを比較することができたはずですが、薬というのは効果の高さ以外にも価格も気になるものだと思います。
それぞれの薬の価格を比較しながら一番コスパの良いものを探してみます。

基本的に価格の面でもっとも安いのがシンメトレルで次にタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの順で価格が高くなっていきます。
低価格の2種類はカプセルや錠剤であり、その上の2種類は吸入タイプ、そして最も高いのが点滴と薬の形状によっても価格の違いがあるようです
また、インフルエンザの予防のために薬局でも購入することができるタミフルやリレンザ、イナビルの価格について紹介しておきます。

タミフルが4,000円ほど、リレンザが4,400円ほど、イナビルが5000円ほどとなっており、病院で使用するラピアクタの点滴静注射バッグ300mgは6,200円ほどとなっています。
ちなみにインフルエンザの治療でほぼ使用されなくなっているシンメトレルに関しては5種類の中でもかなり安くなっています。

現在、日本で主に処方されている4種類のインフルエンザ治療薬にシンメトレルを加えた5種類の中で、最も使用され多くの実績を残しているのはタミフルとリレンザです。
そういう点から考えてもこの2つがコスパ的にも良いと考えられると思います。
ただ、たった1回の服用で済ますことができるという利便性を考えるとイナビルもコスパ的に良いはずです。
また、即効性があるという点では病院で点滴という形で投与するラピアクタも捨てがたいです。
つまり、インフルエンザの治療で何を求めるかによって薬のコスパが左右されるということになります。