• ホーム
  • 「リレンザ」の成分と効果

「リレンザ」の成分と効果

リレンザにはザナミビルと呼ばれる成分が含まれており、体内でノイラミニダーゼと呼ばれる物質を阻害する効果をもたらします。
ノイラミニダーゼは、宿主細胞内で複製されたウイルスを細胞の外に遊離するはたらきに関与する酵素です。
インフルエンザウイルスはこの酵素の作用があってはじめて遊離して次の宿主細胞にとりつくことができます。
インフルエンザウイルスに感染した細胞の表面にはたくさんのウイルスレセプターがつくられています。
ノイラミニダーゼのはたらきを得られないと、仮にウイルスが細胞の外に出られたとしてもすぐにウイルスレセプターと結合して、細胞内に取り込まれてしまいます。

リレンザの有効成分であるザナミビルは、インフルエンザウイルスが増殖している時期に効果が発揮されます。
インフルエンザウイルスの増殖は、高熱をはじめとする症状があらわれてから48時間が経過するまで続きます。
この間に病院へ行ってリレンザの処方を受ければ、服用を開始してから1日か2日程度で高かった熱が正常の範囲まで下がります。
すべて服用しきった頃には体内のインフルエンザウイルスはおおむね寿命によって死滅してしまっているでしょう。

リレンザの最大の特徴は、製品に付属している吸入器をつかって服用することです。
これは、ザナミビルの生物学的利用能が非常に低く、錠剤や粉末剤のように経口投与をしたとしても有効成分のほとんどが循環血液中に移行しないためです。
リレンザで使用されているザナミビルはドライパウダー状になっており、付属の吸入器を口にくわえて吸引すれば、体内に成分を取り込むことができます。

リレンザを服用する場合に注意が必要なのは、必ず最後まで服用しきるということです。
インフルエンザウイルスの寿命は平均で1週間前後といわれており、リレンザの吸引を開始する段階ではまだ多くのウイルスが寿命までの時間を残しています。
そのような状況下で途中で服用をやめてしまうと、体内に残存しているインフルエンザウイルスが再び活性化して増殖を始めてしまいます。
熱が下がり、痛みがなくなった後も体内でウイルスは生きているので、医師からの指示があった場合を除き、途中で勝手に服用をやめてはいけません。

リレンザは子供も服用できる?

子供がインフルエンザにかかったときにリレンザを使いたいと考える親は多いことでしょうが、子供が5歳以上であれば成人と同じ用法でリレンザを服用させることが可能です。
一方、4歳以下の子供については使用される例が少ないことから、製造元では安全性を確立していません。
吸引させることによって子供の身体に異変が起きる可能性があるので、4歳以下の子供がインフルエンザにかかった場合は、他の方法を試すようにしましょう。

しかし、子供もリレンザが服用可能であるとはいえ、子供は成人と比べて吸い込む力が弱いだけでなく、上手に吸い込むこともできません。
そのため、子供のリレンザの吸引は成人よりは失敗する可能性が高いです。
失敗すると穴からドライパウダーが舞ってしまい、必要な量を体内に取り込むことができなくなるので、事前に上手に吸引させるコツを覚えてから子供に吸い込ませましょう。

子供にうまくリレンザを吸引させるには、まずストローや笛、ハーモニカなど、口にふくんで吸い込んだり吐いたりしなければ使えないものを利用して、息の吸い方を練習させてからリレンザを吸引させましょう。
リレンザは1度の吸引で1回分を体内に取り込むのが理想ですが、子供の場合は1度で吸引ができそうにないのであれば、無理せずに1回吸引した段階で口から外します。
吸入口から口をはなすときは、ドライパウダーが周りに飛び散らないように気をつけましょう。

もし、自分の子供が上手にリレンザを服用しきれるかどうか心配なのであれば、病院で医師に相談すればアドバイスをもらえます。
状況次第ではリレンザ以外の製品を使う方法をすすめられることがありますが、その場合はすすめられた方法がどんなものかを詳しく聞いてから方法を変えるかどうかを判断しましょう。