• ホーム
  • 「タミフル」の成分と効果

「タミフル」の成分と効果

タミフルはA型とB型のインフルエンザウイルスの増殖を抑制するもので、インフルエンザの予防目的でも効果を発揮します。
インフルエンザウイルスが増殖する時に必要となる糖タンパク質の酵素ノイラミ二ダーゼという物質がありますが、タミフルはそんなノイラミ二ダーゼの機能を阻害することが期待できるのです。

タミフルの成分はオセルタミビルリン酸塩というものです。
オセルタミビルリン酸塩はオセルタミビルと呼ばれることもあります。
治すことを目的にしている場合はタミフルを1回75mg(1カプセル)を1日2回服用し、それを5日間ほど続けます。
飲むタイミングとしては朝と夕方の食後が良いでしょう。
処方してもらったらすぐに1度飲み、その後は3時間以上あけて通常通り朝もしくは夕に飲むようにします。

そしてタミフルの成分はインフルエンザに効果的なので、妊娠中にも服用することができます。
授乳中の場合、成分が母体を通して母乳から赤ちゃんの体内に入ってしまうため、授乳中にタミフルを服用することは避けたほうが良いという報告がされていますので気をつけましょう。

タミフルを飲む必要がある時は授乳を一時的にやめ、服用期間を終えて、2日以上経過してから再開するようにしたほうがいいです。
妊娠中も授乳中もタミフルを服用しなければいけない場合も念のために事前に医師に妊娠中であることを伝えておくようにします。

タミフルの服用中には、できるだけアルコールを控えるほうが良いです。
アルコールは飲むと利尿作用によってトイレに行く回数が増えてしまうことが多いですし、高熱が出るインフルエンザの時には脱水症状が起きてしまう可能性が高まってしまいます。
さらに体力が落ちている状態なので、胃腸や肝臓などに負担をかけることになる飲酒は避けたほうが良いです。

飲み合わせについては併用が禁止されているものはありませんので安心です。
ただ解熱鎮痛剤でサリチル酸系やメフェナム酸を含むようなものはインフルエンザの時に飲むと副作用が出やすくなるという報告があるため、完治するまでは服用をやめておくといいです。

タミフルが安く買えるネット通販とは

タミフルはネットの通販サイトを利用することによってより安い価格で入手することができます。
通常病院でタミフルを処方してもらうには一度診察を受けて購入する形になりますが、ネットの通販サイトであれば気軽にいつでも購入することが可能です。
ただし購入する場合は安いということだけにとらわれず、信頼できる業者のサイトで購入することが大切です。
タミフルの名を使っていながら中身は実は粗悪品の偽物だったということもありますので、そんな偽物を飲んでしまっては逆に体調を壊すことになりかねません。

医師の処方箋を必要としない分、自宅ですぐに注文できるのですが、その時の体調などによっては副作用が出やすくなっているという場合もありますので、購入前にはできれば医師に相談してみるほうが安心して服用できます。
ネットで購入するのであれば個人輸入通販でタミフルを買うことになります。
価格は海外から直接輸入する分だけ病院で処方してもらうより数千円安くなっているため、お得に買えます。

ちなみに日本国内にタミフルのジェネリックは存在していませんが、海外にはジェネリックがあります。
タミフルと同じ効果を得ることができるため、より安く買えるのは大きなメリットです。
タミフルを海外から個人輸入した場合の価格はサイトによって多少の差はありますが、大体6000円強くらいとなっています。

しかしタミフルのジェネリックであればそれをさらに上回る安さである4000円前後で購入することができます。
日本の病院で処方してもらった場合、保険適用されていない場合で8000円前後することを考えれば、海外から個人輸入することは簡単に、しかも安く購入できる分、予防として服用するのに便利です。