• ホーム
  • 「イナビル」の成分と効果

「イナビル」の成分と効果

インフルエンザ感染の際に用いられるノイラミニダーゼインヒビターの一つにイナビルというものがあります。
まずはイナビルをはじめとするノイラミニダーゼインヒビターの治癒効果について詳しく紹介していきます。

まず、ノイラミニダーゼとはインフルエンザウイルスの表面に存在する酵素の一つです。
インフルエンザウイルスは自ら単独の力で増殖する能力を持ち合わせていません。
インフルエンザウイルスは生きた細胞内に侵入して、その細胞の機能を借りて初めて増殖することができるのです。
人間の細胞内で増殖し、その細胞から抜け出して他の細胞へと新たに感染し増殖を繰り返すのですが、人間の細胞を抜け出す過程のことを脱殻といいます。
この脱殻の過程で必要となるのがノイラミニダーゼという酵素です。

イナビルをはじめとしたノイラミニダーゼインヒビターはインフルエンザウイルス表面のノイラミニダーゼの機能を阻害します。
これによってインフルエンザウイルスは人間の細胞から脱殻することができなくなります。
つまり、それ以上感染を拡大し、増殖していくことができなくなってしまうのです。
つまり、イナビルを使用することによってインフルエンザウイルスの増殖を阻止し、インフルエンザの罹患期間を短縮する効果が得られるのです。

また、イナビルの有効成分はラニナミビルというものなのですが、このラニナミビルは他のノイラミニダーゼインヒビターよりも脂溶性の高い成分です。
このため、ラニナミビルは長く体内にとどまりやすい性質を持っています。
このような性質のためにラニナミビルは1回のみの使用で数日間効果が持続します。

このため、イナビルは使い忘れの心配がなく、効果が確実に得られやすいというメリットがあります。
病院で使用して帰宅できるので家で使用方法が分からず悩むという心配もありません。
また、他のノイラミニダーゼインヒビターで使い忘れのために耐性ウイルスの出現が問題となっていますが、イナビルには使い忘れの心配がないため耐性ウイルス出現のリスクが少ないです。

イナビルは予防にもなるのか

インフルエンザ流行の時期には風邪で熱が下がらない場合などでもインフルエンザ感染の心配がつきまといます。
このような熱が下がらないような場合にイナビルはインフルエンザにかかってなかったとしても感染予防のために使用することができます。

ただ、インフルエンザ感染予防のためにイナビルを使用する場合には、実際にインフルエンザに感染した時の使い方とは異なる使い方が適用されます。
インフルエンザに感染した際には、イナビルを10歳未満の場合は1キット(2吸入)、10歳以上の場合は2キット(4吸入)を全て使い切ります。

10歳未満の方が予防目的で使用する場合には、実際に感染した時と同様に1回に1キット(2吸入)を全て使い切ります。
10歳未満の予防目的の使用の場合には、実際に感染した時と同様に1回に2キット(2吸入)を全て使い切ってもいいのですが、1回に1キット(2吸入)ずつを1日1回、2日間連続して使用するという方法で使用することもできます。

ただし、イナビルによるインフルエンザ感染の予防効果は期間が限定されたものです。
具体的にはイナビルを使用し始めたタイミングから10日間インフルエンザ感染の予防効果があります。
つまり、11日目以降は感染予防効果はなく、それ以降もインフルエンザ感染を予防したい場合には改めてイナビルを処方してもらい使用する必要があります。

また、イナビルを予防目的で病院で処方してもらう場合にはイナビルは保険が適用されず全額自己負担となってしまいます。
このため、長期間のインフルエンザ感染予防が必要な場合にはイナビルの使用よりもインフルエンザワクチンの接種が推奨されます。

ただし、インフルエンザワクチンは流行するウイルスの型の予測が外れてしまった場合には予防効果は得られないのが欠点です。
それに対してイナビルはどのようなウイルスの型が流行しても予防効果が有効です。